繰上返済する際に重要な点は?

繰上返済する際のポイントはどんなところですか?@

一部繰上返済する際のポイントとしては、
次のようなものがあります。

■変動金利型のものから返済
・一般的に、変動金利型と固定金利型の組合せの場合には、金利上昇リスクを回避するために、変動金利型のものから返済する方が理想的とされています。

繰上返済する際のポイントはどんなところですか?A

■金利の高い方、ボーナス返済から
・複数のローンを利用している場合には、同じ元本にかかる利息が多いので、金利の高い方のローンから返済した方が有利です。

 

・また、ボーナス併用を選択している場合ですが、ボーナスというのは企業の業績に左右されますので、ボーナス返済から返済する方が望ましいです。

 

■早い時期に返済
・繰上返済は早い時期にする方が有利です。これは元利均等返済では、借入当初はほとんどが利息の返済に充当されてしまうからです。

 

・ 早い時期に繰上返済をすれば、返済元本に対する利息が減りますので、総返済額も減少し有利になります。

 

■公庫の2段階金利は金利変更前に
・公庫の2段階金利の場合は、金利変更前に繰上げする方が有利です。これは、金利変更後の返済額は、残債に対して変更後の金利で再計算されるからです。

 

・よって、金利上昇が見込まれるときの固定金利型や、11年目に金利が上昇するタイプのものは、金利変更前に繰上げする方が有利になります。

 

■元利均等返済、期間短縮型から返済
・元金均等返済と元利均等返済では、元利均等返済から繰上げする方が有利になります。これは、元利均等返済の方が利息の総支払額が多いからです。

 

・また、返済額軽減型と期間短縮型では、期間短縮型の方が利息軽減効果が高いので、繰上げの効果も高くなります。

 

【スポンサーリンク】