離婚の際に住宅ローンが残っている場合は?

離婚して住宅ローンが残っている場合に財産分与はどうしたらいいの?@

離婚することになって、住宅ローンが残っている場合に、
財産分与はどうしたらいいのかということですね。

 

離婚で住宅ローン残っている住宅を財産分与する場合、
財産分与の対象になるのは、
住宅の時価と財産分与時の
ローン残高との差額になるんですよね。

離婚して住宅ローンが残っている場合に財産分与はどうしたらいいの?A

ですから、
財産分与をするときに住宅が値下がりしていると、
住宅ローンを組んでいる金融機関との交渉が
難航することが考えられますので注意してください。

 

ちなみに、「財産分与額=住宅の時価−ローン残高」
が、もし赤字になった場合には、他
の所得から控除することも可能です。

 

また、住宅ローンを組んでいる住宅の財産分与については、
夫が債務を引き受けるケースと
妻が債務を引き受けるケースがあるのですが、

 

住宅ローンの名義が変更になる場合には、
金融機関への届出が必要になります。

 

特に、妻が債務を引き受ける場合には、
妻の収入が条件を満たしていなければなりませんので
注意が必要です。

 

なお、金融機関によっては、
一括返済を求めるところもあります。

妻が住宅ローンの付いた住宅を取得した場合、住宅ローン控除は?

妻が住宅ローンの付いた住宅を取得した場合に、
住宅ローン控除はどうなってしまうのかということですね。

 

離婚した後、財産分与によって
妻が前夫の住宅ローン付住宅を取得した場合には、
償還期間が10年以上でその他の居住要件を満たしていれば、
住宅ローン控除の適用を受けることができます。

 

ただし、離婚後の財産分与でない場合には、
生計をともにする親族等からの譲渡になってしまい、
住宅ローン控除は受けられなくなってしまいますので
注意してください。

 

【スポンサーリンク】