ローンの返済が苦しくなった場合は?

住宅ローンの返済が苦しくなった場合はどうしたらよいの?@

住宅ローンというのは、
長期に渡って返済していくものですので、
将来的にリストラや病気等で
返済が困難になることも十分に考えられますよね。

住宅ローンの返済が苦しくなった場合はどうしたらよいの?A

通常は、住宅ローンでは、延滞が続き6か月を過ぎると、
保証会社が弁済し、最終的には住宅を競売にかける
という流れになるのですよね。

 

ですが、機構や金融機関では
一定の条件を満たしていれば、借入期間を延長するなど、
返済条件変更等の優遇策を受けられることもあるんです。

 

なお、借換えの場合は、
ローンの延滞がないことが条件になっています。

 

なので、ローンの返済が苦しい場合には、
早めに対応することが必要です。

住宅金融支援機構の返済条件変更の優遇策とは?

住宅金融支援機構では、次の条件を満たしていれば、
返済期間を最長15年延長することができます。

■条件を変更すれば返済を継続できること

 

■年収が機構への年間返済額の4倍以下である、または収入減少割合が20%以上である、または月収が世帯人員×64,000円以下であること

 

■不況による倒産など勤務先の事情などで返済が困難になったこと

 

これらの条件に加えて、さらに現在失業中で、
収入が20%以上減少している人の場合には、
返済期間の延長だけでなく、元金の支払いを
最長3年間休止して利息のみを支払うこともできます。

 

ちなみに、これらの優遇策のほかにも、
一定期間の返済額を減額できることもあります。

 

なので、返済が困難になった場合には
早めに金融機関に相談するようにしてください。

 

なお、民間金融機関の場合には、
それぞれの金融機関ごとに対応が異なりますので、
事前によく確認するようにしてください。

 

【スポンサーリンク】