重い病気だとローンが免除される商品とは?

重い病気だとローンが免除される商品があるのですか?@

平成17年頃から一部の金融機関で、
新型保障付の住宅ローンがみられるようになっています。

 

この住宅ローンは、 三大疾病
(ガン、脳卒中、心筋梗塞)に罹患した場合に、
ローン債務が免除される仕組みになっています。

重い病気だとローンが免除される商品があるのですか?A

申込年齢等については、
金融機関によって若干異なるところもあります。

 

ですが、三大疾病と診断されて所定の状態であれば、
その時点でのローン残高相当額が
診断給付金として支払われ、
住宅ローンの完済がなされることになります。

 

なお、三大疾病保障付ローンは、
保障について3か月間の待機期間があり、
その間にガンと診断されても
診断給付金は支払われませんので注意が必要です。

新型保障付の住宅ローンの具体的な仕組みはどうなっているの?

上記の新型保障付の住宅ローンは、
被保険者が三大疾病(ガン、脳卒中、心筋梗塞)
で所定の状態になった場合に、

 

保険会社から銀行に
保険金・診断給付金が支払われ、
それによってローンが完済される仕組みになっています。

 

保険料は金融機関が負担するのですが、
この住宅ローンの場合は、通常、金利が店頭金利よりも
0.2〜0.3%程度高くなっていますので、
その分が保険料に充てられているとも考えられます。

 

ちなみに、ガンでも上皮内ガンは適用外であるとか、
脳卒中や心筋梗塞では60日以上就業できないなど、
所定の状態が継続しないと給付対象にならないなど、
色々と規定があります。

 

なので、利用の際にはその辺をよく確認してください。

 

平成19年4月からは、フラット35でも
「3大疾病保障付機構団体信用生命保険」
が取扱われています。

 

【スポンサーリンク】