金銭消費貸借契約とは?

金銭消費貸借契約とはどのような契約のことをいうのですか?@

金銭消費貸借契約というのは、
借りたものと同じものを同じ数量だけ返すことを約束して、

 

物や金品を借りる消費貸借契約のうち、
特に、お金の貸し借りを契約したものをいいます。

金銭消費貸借契約とはどのような契約のことをいうのですか?A

金融機関から住宅ローンを借入れる場合には、
担保になる住宅に抵当権をつけて、
金融機関との間で
資金の借入れに関する契約を結びます。

 

これが、金銭消費貸借契約です。

 

住宅ローンの場合、金銭消費貸借契約は、
実際に金銭の引渡しが伴って成立します。

 

なので、住宅ローンの審査が終わり、
融資が実行されるときに結ぶことになります。

 

ちなみに、金銭消費貸借契約には印紙税がかかります。

 

ただし、
売買契約書がローン契約書を兼ねている場合には、
別途印紙税を支払う必要はありません。

金銭消費貸借契約にはどのようなことが記載されているのですか?

金銭消費貸借契約には、
主に次のような事項が記載されています。

 

なので、もし不明な点などあれば
契約時に確認しておくことが大切です。

■必要事項
・契約年月日
・借入金額
・弁済期
・抵当権設定

 

■重要事項
・遅延損害金
・金利の情勢変化による特例的な変更の可能性
・目的からはずれた場合の措置

 

【スポンサーリンク】

フラット35と民間金融機関の金銭消費貸借契約は?

フラット35の住宅建設の場合の
金銭消費貸借契約の流れは次のようになります。

 

中間金が必要な場合は
つなぎ融資が必要になりますので注意してください。

■建物の完成
   ↓
■金融機関に適合証明書を提出
   ↓
■金銭消費貸借契約の締結
   ↓
■資金の受取り

 

民間金融機関の場合は、
金銭消費貸借契約(融資の実行)すると同時に、
抵当権設定登記と所有権移転登記が行われます。

 

【スポンサーリンク】