建築基準法違反の物件の借換えは?

建築基準法違反の物件でも借換えはできるのですか?@

建設や新築の住宅の場合は
あまり心配する必要はないかもしれませんが、
住宅ローンの新規の借入や借換えにおいては、
物件に建築基準法違反があると融資が受けられません。

 

特にトラブルが多いのが、
建築基準法違反物件の借換えです。

建築基準法違反の物件でも借換えはできるのですか?A

新規で住宅ローンを借りれした際には
何も問題なかったとしても、借換え時の物件審査で
法令違反が発覚し、
借換えを断られるケースも増えています。

 

以前は、金融機関の審査や規定が緩かったので、
多少の建築基準法違反物件であっても
融資が行われていたんですよね。

 

ですが、最近は、建築基準法の遵守に対しては
かなり厳しくなっていますので注意が必要です。

 

なので、重要事項説明書をよく読んで、
容積率や建ペイ率、接道基準などが建築基準法を
満たしているかどうかを確認するようにしましょう。

 

なお、通常ですと、建築基準違反の物件については
住宅ローンの借換えはできないのですが、

 

重要事項に明記されていなければ、
金融機関によっては、
違反程度次第で融資可能なケースもあるようです。

 

【スポンサーリンク】

建築基準法違反のケースとしてはどのようなものがありますか?

次のようなケースがあります。

■接道義務違反
都市計画内の物件の敷地は4m以上の道路に
2メートル以上の接道義務がありますが、
この義務に違反すると
一度建物を壊すと再構築することができなくなります。

 

また、接道義務を果たしていない敷地は
担保価値がないので、融資を受けることもできません。

 

さらに、敷地の接する道路が法定道路にあたるのかどうか
についても注意が必要になります。

 

■建ペイ率違反
建ペイ率というのは、建築面積/敷地面積×100 
で求めるものですが、法令では、用途地域ごとに
敷地面積内の建築可能面積割合が定められています。

 

物件の規模がこの基準を超えた場合には、
建築基準違反になりますので注意が必要です。

 

■容積率オーバー
容積率というのは、敷地面積に対する
建物全体の床面積の割合のことをいいます。

 

この容積率には、用途地域ごとに制限があるのですが、
これに違反するケースとしては、
設計上は2階なのに物件自体は屋根裏があり、
容積率をオーバーしているなどが考えられます。

 

【スポンサーリンク】