一部繰上返済の返済額軽減型はメリットがない?

返済額軽減型とはどのような返済方法なのですか?@

住宅ローンの一部繰上返済の方法の一つである
「返済額軽減型」というのは、

 

一部繰上返済(内入れ返済)後、返済期間を変えずに、
毎月返済額を軽減する方法です。

返済額軽減型とはどのような返済方法なのですか?A

この方法ですと、内入れ後、
毎月返済額を長期に渡って軽減できます。

 

ただし、この方法は、
住宅金融支援機構を窓口とする融資では
制度として認められていますが、

 

民間金融機関では、
原則として採用されていませんので注意が必要です。

返済額軽減型というのはメリットがないのですか?

返済額軽減型の場合、
確かに毎月の返済額は減らせます。

 

しかしながら、、軽減総額で見ると、
期間短縮型に比べて少なく、
返済期間の短縮や利息の軽減が多く見られる
期間短縮型と比較すると、あまりメリットはないといえます。

 

よって、内入れをする前に、
期間短縮によるメリットを優先させるのか、
それとも毎月返済額を軽減させるメリットを優先させるのかを、
しっかりシミュレーションした上で選択することが大切です。

 

とはいえ、返済額軽減型については、
その軽減された金額が、
よほど何かの役立つというのでなければ、
返済期間短縮型を選択したほうが
メリットは大きいと思われます。

 

これは、変動金利型を選択している場合で、
経済状況の変化によって金利が高くなりそうな場合や、
金利が高い時期に借りている場合には特に言えることです。

 

【スポンサーリンク】