まとまった資金がない場合の一部繰上返済方法は?

まとまった資金がない場合に内入れするにはどうしたいいの?@

一部繰上返済の場合、期間短縮型を選択すると、
返済期間を大幅に縮小でき、
その期間の利息を支払わなくてよいわけですから、
結果として、大幅な総返済額の軽減になります。

まとまった資金がない場合に内入れするにはどうしたいいの?A

しかしながら、内入れするには
ある程度まとまった資金が必要になります。

 

例えば住宅金融支援機構の融資ですと
100万円以上からといった具合です。

 

このような場合は、条件変更で毎月返済額を増額すれば、
返済期間が短縮できるので、
一部繰上返済以上の効果を得ることも可能になります。

毎月返済額の条件変更のメリットとは?

まとまった資金を貯めてから
繰上返済しようとする人は多いと思いますが、
現在の預貯金の金利ではメリットが薄いです。

 

このようなときに、毎月返済額を増額する
返済条件の変更をすると
直ちにそのメリットを受けることができます。

 

ちなみに、5年や10年に1回増額するというよりも、
むしろ、昇給に合わせて、例えば1年単位で
こまめに増額返済の条件変更をすると、
さらに返済期間の短縮が図れます。

 

また、ローン返済生活から抜け出すことも可能になります。

 

これにより、老後の生活資金を貯めることも可能になります。

 

これを機に毎月返済額の条件変更について
検討してみてはいかがでしょうか。

 

【スポンサーリンク】