一部繰上返済(内入れ方式)とは?

住宅ローンの一部繰上返済(内入れ方式)とは?

一部繰上返済というのは、
返済資金に余裕がある場合に、
返済途中に、借入金の元金部分に充当するための
返済方法で、内入れとも言われます。

一部繰上返済(内入れ方式)のメリットはどのようなものですか?

一部繰上返済のメリットとしては、
原則として、毎回の返済額に含まれる
元金部分の累計を内入れしていくので、
その回数分の期間が短縮されるということがあります。

 

それと、その期間に相当する利息部分を
支払わなくてよくなるということがあります。

 

ちなみに、返済期間の短縮だけでなく、
内入れ後の元金残高に対して、
返済期間は短縮しないで
毎回の返済額を減らすこともできます。

 

ですが、これについては、
融資実行先の金融機関によって異なりますので、
事前の確認が必要です。

 

【スポンサーリンク】

内入れについて何か注意点はありますか?

次のような点に注意が必要です。

■ボーナス返済月の中間での内入れ
ボーナス併用の場合の内入れ後の返済額軽減については、
内入れ後の借入金残高確定のため、ボーナス返済月との中間では、
その時点までの経過利息も内入れ金額に加算します。

 

なので、内入れ金額の予定額が異なる場合があります。

 

この辺りは、事前に確認しておくようにしましょう。

 

■高い利率のものからの内入れ
旧公庫融資の基本融資額と特別加算額、
年金住宅融資の一般融資額と特別融資額がある場合には、
そのどちらかを選んで内入れすることができます。

 

この場合、高い利率の方から内入れするのが得です。

 

■ボーナス併用の場合
ボーナス併用の場合、ボーナス払い分のみとか、
毎月払い分のみという内入れ方法はできません。

 

通常、返済額一覧表にはボーナス併用での
借入金残高が示されているので、分離した方法はとれないのです。

 

■経費負担
内入れの際は、その月の返済額だけでなく、
内入れ額の入金も必要ですが、
手数料などの経費負担も必要になります。

 

なので注意が必要です。

 

ちなみに、フラット35の場合は手数料はかかりません。

 

【スポンサーリンク】