段階金利の期間短縮型は?

段階金利の期間短縮型とは?@

段階金利制度というのは、平成17年3月31日まで
旧公庫融資の返済方法にあったもので、

 

融資を受けてから11年目以降に、
金利が当初の金利より高めに変わる仕組みのことです。

段階金利の期間短縮型とは?A

段階金利は11年目以降に適用されるので、
融資を利用する人にとっては、借りてから10年間は
当初の金利が適用されることになります。

 

これは、内入れによって期間が短縮された場合でも、
当初の10年間は当初の金利が適用されるということです。

 

よって、11年目以降の借入金残高が減少することから、
当初予定していた11年目以降の毎回返済額も
計算し直されるため、
総返済額の軽減につながることになります。

段階金利の活用の仕方は?

段階金利は、10年間当初の金利が確保されるので
有利になります。

 

よって、段階金利の利用に際しては、
当初10年以内での内入れは、11年目以降の
高い金利部分をも軽減できる点を活用したいものです。

 

【スポンサーリンク】

段階金利の返済額軽減型のメリットはどのようなものですか?

段階金利なので、平成18年3月以前に
旧住宅金融公庫融資を受けていて
現在返済中の人に限られますが、

 

段階金利前後での内入れにおいて
メリットを得ることができます。

 

段階金利は、
借入後11年目以降でないと適用されませんから、
当初10年間は当初の金利が適用されます。

 

なので、その間での内入れによる返済期間短縮型は
段階金利適用期間を除けるので、
低利な返済額の期間が続き、元金残高の減少により
段階金利適用の返済額も軽減することができます。

 

ただし、返済額軽減方式の場合ですと
返済期間の短縮はされませんので、
段階金利適用期間は変わりません。

 

また、返済額軽減については
総返済額での減少は少ないですし、
段階金利の直前での内入れですと
その効果は薄れてしまいます。

 

よって、段階金利は当初の金利水準より高いことからも、
返済額軽減方式よりも期間短縮型の方が
有利ということがいえます。

 

【スポンサーリンク】