毎月払いからボーナス併用への変更は?

毎月払いからボーナス併用への変更はできるのですか?@

住宅金融支援機構の財形住宅融資や
旧公庫の経過措置による融資、
それに、フラット35では、借入金額の40%を
ボーナス時増額返済に充当することができます。

毎月払いからボーナス併用への変更はできるのですか?A

また、民間住宅ローンでは、借入金額の1/2以下を
ボーナス時増額返済にあてることができます。

 

これについては、住宅金融支援機構では50万円単位、
フラット35は1万円単位、
民間住宅ローンは10万円単位となっています。

 

しかしながら、毎月払いからボーナス併用への変更は、
総返済額の増加につながりますので注意が必要です。

 

つまり、ボーナス併用から毎月払いのみへの変更の場合に
総返済額が軽減するのとは、逆の結果になるということです。

毎月払いのみとボーナス併用ではどちらがよいのですか?

借入れをしたばかりの頃というのは、
毎月払いを少なくした借り方を希望する人が多いのですよね。

 

ですが、実際に返済を始めてみると、
ボーナス払い月の負担の大きさは
思っていた以上に大きいようです。

 

ボーナス払いに片寄るということは、ボーナス時には
毎月払いとボーナス時増額分が加算されるわけですからね。

 

支払いはかなりの負担になると思われます。

 

よって、できるだけ毎月払いを基本にした返済計画の方が
望ましいということがいえます。

 

【スポンサーリンク】