住み替えローンとは?

住み替えローンとはどのようなローンですか?@

住み替えローンというのは、
現在居住している自宅を売却して
新たに住み替えるための特定目的にそったローンのことです。

 

金融機関によっては、「買換えローン」
という名称のところもありますが、
融資条件はほとんど同じです。

住み替えローンとはどのようなローンですか?A

住み替えローンの内訳は、
既存の住宅ローンを抹消させて売却しやすくしたうえで、
その売却代金の回収による差額と、
新たに居住するために必要なローンの合計になります。

 

利用の際は、銀行などと提携している
不動産業者を通じての住宅ローンや、
不動産業者との提携ローンに頼ることになります。

 

これは、不動産業務が認められている
信託銀行以外の金融機関の場合、住宅の売却と購入の
時間的なタイミングや資金的なタイミングを
どのように捉えるかによって問題があるからです。

 

また、窓口は一般化した方が利用しやすいので、
事前に既存住宅ローンの取扱金融機関や、
大手不動産業者に相談するようにしてください。

 

【スポンサーリンク】

住み替えローンの具体的な条件にはどのようなものがありますか?

ある都市銀行の住み替えローンの条件は、
次のようになっています。

■融資額
1万円単位で、50万円以上1億円以内。

 

※税込年収に占める年間返済額の割合が、他の借入金を含めて最高30%か、新規で購入する自宅の担保300%または2,500万円を担保評価額に加えた額のどちらか低い金額が上限です。

 

■返済期間
・1年単位の35年以内です。

 

■利用できる人
・現在の住宅ローンを借りてから3年以上正常に返済している人
・勤続1年以上か、営業年数3年以上の人
・借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満の人で、最終返済時の年齢が満80歳未満の人
・前年の税込年収が100万円以上の人
・団信に加入できる人※
※保険料は金融機関の負担です。

 

■使途
・本人が所有し住まいになる住宅の購入資金。
・現在借入返済中の住宅ローンの返済金。

 

■その他
・現在の住まいの売却日と融資日は同じ日です。

 

【スポンサーリンク】