通常ローンと買換えローンの具体的相違は?

通常ローンと買換えローンの具体的相違は?@

通常の住宅ローンと買換えの住宅ローンでは、
返済期間をはじめとして、融資金額、資金の使途など、
色々な点で違いがあります。

 

以下、相違点を参考にしてみてください。

通常ローンと買換えローンの具体的相違は?A

[通常の住宅ローン]
■返済期間
・1年以上1年単位で35年以上です。

 

■融資金額
・10万円単位で1億円単位です。
・税込年収(自営業の人は申告所得)に占める年間の元利返済額(他の借入返済額を含む)の割合が400万円未満の人は25%、400万円以上の人は35%です。
・融資対象物件の担保評価額範囲内です。

 

■利用できる人
・所定の保証会社の保証を受けられる人
・団体信用生命保険に加入できる人
・借入時の年齢が満20歳以上満65歳以下で、最終返済時の年齢が80歳以下の人
・現在勤務先に3年以上勤務している人、自営業の人は3年以上事業実績のある人
・前年度税込年収200万円以上の人

 

■資金の使途
・住宅の新築・購入・増改築資金、土地の購入資金
・上記にかかる諸費用(登記費用、保証料、消費税、インテリア、家具)

 

[買換え住宅ローン]
■返済期間
・1年以上1年単位で35年以上です。

 

■融資金額
・10万円単位で1億円単位です。
・税込年収(自営業の人は申告所得)に占める年間の元利返済額(他の借入返済額を含む)の割合が25%以内です。

 

■利用できる人
・現在の住宅ローンを借りてから3年以上正常に返済している人。
・所定の保証会社の保証を受けられる人。
・団体信用生命保険に加入できる人。
・借入時の年齢が満20歳以上満65歳以下で、最終返済時の年齢が80歳以下の人。
・現在勤務先に3年以上勤務している人、自営業の人は3年以上事業実績のある人。
・前年度税込年収200万円以上の人。
・現在借入れの住宅ローンが5年以上経過し、直近1年間で返済を延滞していない人。
・必要な資金の5%以上の自己資金を持っている人。
・居住中の住宅の売却と居住する住宅の購入を同時に決済できる人。

 

■資金の使途
・住宅の購入資金
・現在借入中の住宅ローンの残高と居住中の住宅の売却価格との差額。
・上記にかかる諸費用(登記費用、保証料、消費税など)

 

【スポンサーリンク】