借換えの要点と手続きは?

借換えの判断はどのようにしたらよいのでしょうか?@

借換えというのは、現在の金利の高いローンを
一括して返済するために、
別のローンを新たに借りる方法です。

 

借換えの際には、
借換え前のローンと借換え後のローンについて、
次のような点を比較するようにします。

借換えの判断はどのようにしたらよいのでしょうか?A

比較する点は、以下のようなところです。

■現在のローン残高が500万円〜1,000万円以上あるか。
■ローンの返済期間の残りが10年以上あるか。
■借換え前と借換え後のローンの金利差が1%以上あるか。

 

上記に該当する場合には、借換え効果が期待できますので
検討してみるとよいと思われます。

借換えでフラット35は利用できるのですか?

借換えの際には、
フラット35(買取型)や財形住宅融資は利用できません。

 

2007年度から、フラット35(保証型)については
借換えでの利用もできるようになりました。

 

ですが、2007年5月時点では、三菱東京UFJ銀行のみで、
しかも利用できる地域も限られていますので、
現状ではこれまで通り、
民間住宅ローンを検討することになる人が多いといえます。

借換えの費用と手続は?

民間住宅ローンなどで借換えの場合、
新規に契約することになるので色々と諸費用がかかります。

 

また、現在の借入先に繰上返済(一括返済)をするので、
抵当権を抹消するための費用もかかります。

 

よって、金利差が小さくて残高が少ない場合には、
借換えで得られるメリットよりも、
これらの費用の方が上回ってしまうことも考えられます。

 

なので、金融機関と事前に相談して
十分にシミュレーションしてみることが大切です。

 

【スポンサーリンク】