ダイナミックDCFとは?

ダイナミックDCFとは?

ダイナミックDCF(DDCF)というのは、
不動産鑑定評価手法の収益還元法の1つである
DCF法に、

 

将来のキャッシュフローの不確実性
(損失可能性)を加味して、
不動産の価値を、より精度の高い確率的手法により
計算する方法のことをいいます。

ダイナミックDCFの不動産価格は?

ダイナミックDCFでは、
不動産価格を「将来の賃料」「空室率」といった
複数の不確実な要素の時系列確率モデルで表現します。

 

その不確実要素に数万パターンの乱数を当てはめる※ことで、
一物一価ではなく数万個の値の確率分布として求めます。

 

そして、不動産の価値は、
その確率分布の最頻値の幅で表されます。

 

※この手法のことをモンテカルロシミュレーションといいます。

ファンドマネジャーとは?

ファンドマネジャーというのは、次のようなものについて
投資計画を策定し、自主判断による継続的投資を行う
運用担当者のことをいいます。

■信託財産
■年金基金
■不動産ファンド
■投資信託財産...など

ファンドマネジャーに求められるものは?

ファンドマネジャーは、運用に関する責任を負うので、
単に専門的な知識のみならず、
豊富な経験と的確な判断力等が要求されます。

 

【スポンサーリンク】