特定社債、特定社債管理会社とは?

特定社債とは?

特定社債というのは、特定目的会社が、
不動産等の資産の収益力を裏付けに発行する
社債のことをいいます。

特定社債の募集は?

金額が1億円未満の特定社債の募集をする場合には、
特定社債管理会社を定め、特定社債の購入者
(特定社債権者)のために、
次のものを委託しなければなりません。

■弁済の受領
■債権の保全
■その他の特定社債の管理

特定社債を有する者の権利は?

特定目的会社の特定社債を有する者は、
この特定目的会社の財産について、
他の債権者に先立って、
特定社債に係る債権の弁済を受ける権利を有します。

 

【スポンサーリンク】

特定社債管理会社とは?

特定社債管理会社というのは、
特定目的会社が発行した不動産等の資産の収益力を
裏付けに発行する社債(特定社債)の購入者
(特定社債権者)のために、
次のようなことを行う社債の管理会社のことをいます。

■弁済の受領
■債権の保全
■その他の特定社債の管理

 

ちなみに、特定社債管理会社は、
銀行や信託会社等でなければなりません。

特定社債管理会社の権限は?

特定社債管理会社は、特定社債債権者のために
特定社債に係る債権の弁済を受け、
特定社債に係る債権の実現を保全するために
必要な一切の裁判上・裁判外の行為をする権限を有します。

特定目的会社の特定社債管理会社の決定とは?

特定目的会社は、
特定社債管理会社を定めなければなりません。

 

ただし、募集に係る各特定社債の金額が
1億円以上である場合には、この限りではありません。

 

これは、一定以上の大口投資家を保護の対象から除外し、
投資家保護の規制を緩和したものです。

 

【スポンサーリンク】