住宅ローンの繰上返済とは?

住宅ローンの繰上返済とはどういうものですか?

住宅ローンの繰上返済というのは、返済期日前に
ある程度まとまった金額を繰り上げて返済し、
ローンの元金を減らすことをいいます。

 

繰上返済の効果としては、
元金が繰上返済した分だけ減るので、
その分の利息を支払わなくてよくなり、
ローンの総返済額を軽減することができます。

繰上返済するかどうかはどのように判断したらよいでしょうか?

一度繰上返済をしてしまうと、その資金は戻りません。

 

なので、まとまった資金が貯まったからといって
すべて繰上返済に充てるのではなく、
教育費などがかさむ時期には
ある程度の資金を手元に残しておくことも必要になります。

 

そういったことも考慮しつつ、
手間・手数料・軽減利息との兼ね合いも考えて、
繰上返済を決定することが重要です。

 

最近は、インターネットだと手数料が割引されたり、
1万円から無料でいつでも繰上返済ができる銀行など、
様々な特典を用意している銀行もありますよね。

 

できるだけ損をしないように利用したいものです。

フラット35、支援機構、民間金融機関の繰上返済の内容は?

次の通りです。

■フラット35
手数料は無料で、一回につき
最低100万円以上から繰上返済できます。

 

1か月前に申し出て月々の返済日に返済します。

 

■住宅金融支援機構
手数料は、全額繰上げの場合は無料、
返済額軽減は5,250円、期間短縮は3,150円です。

 

一回につき最低100万円以上から繰上返済ができ、
1か月前に申し出て月々の返済日に返済します。

 

■民間金融機関
手数料は、金利タイプや金額によっても異なりますが
3,150〜52,500円程度です。

 

最低返済金額についても金融機関によって異なりますが
1万円から可能です。

 

繰上返済の時期は、月々の返済日の2営業前までです。

 

スポンサーリンク