繰上返済の種類は?

繰上返済の種類にはどのようなものがありますか?

繰上返済には、
期間短縮型と返済額軽減型の2種類があります。

 

利息軽減効果を比べると、
期間短縮型の方が有利になっています。

期間短縮型とは?

期間短縮型というのは、
返済期間を短縮するものなので、
返済期間は短縮されますが
月々の返済額は変わりません。

 

この期間短縮型の利用の仕方としては、
定年退職をした後も返済が続く場合に、
繰上返済を利用して定年後の返済を減らす
ということが考えられます。

 

理想としては、
返済比率を20%程度にした返済期間を設定し、
ゆとりを持った月返済額にしたうえで、
定期的に繰上返済を利用するのがよいと思われます。

 

ちなみに、返済期間というのは、
繰上げなどで短縮はできますが、
特別な場合以外は延長はできません。

 

また、通常借換え時についても、
返済期間は前のローン期間に準ずることになります。

返済額軽減型とは?

返済額軽減型というのは、
月々の返済額を軽減するものです。

 

返済期間を変更せずに、
月々の支払いを軽減させたいというときに利用されます。

 

この返済額軽減型は、期間短縮型と比較して、
手数料が高めで利息軽減額も少ないので
注意が必要です。

 

スポンサーリンク