繰上返済の返済方法の種類は?

繰上返済の返済方法にはどのようなタイプがあるの?

まず、毎月払いなのか、
それともボーナス払い併用なのか
といった区分で、そのタイプが分けられます。

 

また、元利均等返済と元金均等返済
といった区分によるタイプもあります。

毎月払いとボーナス払い併用とは?

住宅ローンの返済というのは、基本は毎月払いですが、
その毎月払いを軽減するために
ボーナス払いを利用することができます。

 

しかしながら、ボーナス払いに依存した資金計画には
注意が必要です。

 

これは、ボーナスというのが
企業の業績に大きく影響されるものだからです。

 

一般的にボーナス払いの上限は、銀行で50%、
住宅金融公庫で借入額の40%以内となっています。

元利均等返済と元金均等返済とは?

元利均等返済というのは、
毎回の返済額(元金と利息の合計)が
一定となるように返済していく方法で、
最も一般的な返済方法です。

 

元利均等返済については、
返済当初は返済額のほとんどが利息に充てられるので、
元金がなかなか減らないというデメリットはありますが、

 

毎月の返済額が一定なので
返済計画が立てやすいというメリットもあります。

 

また、元金均等返済というのは、
借入元本を返済回数で割ったものに対して
利息を乗せて返済していく方法です。

 

元金均等返済については、当初の返済額が多いので
返済額の負担が大きいというデメリットはあります。

 

でも、一定の元金を毎回返済していくので、
確実に元本が減っていくというメリットもあるんですよね。

 

スポンサーリンク