任意売却とは?

住宅ローンの返済ができなくなってしまった時の任意売却とは?@

任意売却というのは、住宅ローンなどの
借入返済ができなくなった際に、

 

債権者である金融機関と債務者との合意によって、
競売にかけないで、任意に納得のいく価格で
担保不動産を売却することをいいます。

住宅ローンの返済ができなくなってしまった時の任意売却とは?A

通常ですと、債権者である金融機関は、抵当権に従って
担保不動産を競売にかけて債権を回収しようとします。

 

ですが、任意売却の場合には、
債権者と債務者との間に仲介者を置くことで、
債権者、債務者、買主のすべてにメリットのあるように
不動産売却をすることが可能になります。

 

なお、任意売却の場合は、
抵当権の抹消等が任意で行われます。

 

なので、
抵当権抹消費用や抵当権解除による書類費用は、
債権者が負担することになります。

任意売却のメリットはどのようなものですか?

任意売却のメリットとしては、次のようなものがあります。

■身内への不動産の売却
競売の場合は、購入するには競売で落札しなければなりませんが、
任意売却の場合なら親戚など身内にも売却ができますので、
残債についても柔軟な対応が可能になります。

 

■競売よりも高値で売却可能
任意売却の場合は、次のような点でメリットがあるため
高値がつきやすくなっています。

 

・2割の保証金を預託する必要がない。
・不法占拠される心配がない。
・物件の内部や情報を事前に確認できる。
・ローンが簡単に組める。

 

■残債権への柔軟な対応
不動産を売却するだけではローンを完済できなくて、
債権が残ってしまった場合でも、
仲介者が債権者と返済計画を交渉してくれるので
柔軟な残債の返済が可能になります。

 

スポンサーリンク