失業保険付の住宅ローンは?

失業保険付の住宅ローンとはどのようなものですか?@

失業保険付住宅ローンは、最近増えています。

 

この失業保険付住宅ローンというのは、
会社の倒産や整理解雇などによって失業した際に、
雇用保険の基本手当てと、勤務時の給料の差額を
保険金として受け取れるというものです。

失業保険付の住宅ローンとはどのようなものですか?A

通常、団体信用生命保険に加入していれば、
契約者が死亡した時に
保険金が支払われローンが完済されます。

 

しかしながら、失業時などは
収入は減ってもローンは減らず、
次の就職先が見つかるまでは
失業保険に頼るほかありません。

 

そんなときにこの失業保険付住宅ローンであれば、
失業した際にも一定期間について一定金額を
保険金として受け取ることができますので、

 

再就職するまでの間、
急激な収入減で困ることがなくなります。

 

このように失業保険付住宅ローンには、
従前の給料との差額を支払うことによって、
生計の安定を図る、また住宅ローン利用者の
返済が滞ることがないようにする目的があるのです。

 

なお、この住宅ローンは、加入者が死亡したり、
退職して雇用保険の一般被保険者から外れた場合には、
契約が自動的に終了になります。

失業保険付住宅ローンの利用条件にはどのようなものがありますか?

失業保険付住宅ローンは、
りそな銀行や地方銀行等で取扱っていますが、
その一般的な利用条件としては次のようなものです。

■雇用保険の一般被保険者が対象となるので、役員、公務員、自営業者は対象外です。

 

■新規のローンの借入であること。

 

■上限金額は10万円で、補償期間は最長6か月です。

 

■保険期間は10年間で6か月の待機期間※があること。
※この間に倒産などがあっても免責されます。

 

■他の失業時支援保険(準ずるものを含む)に加入していないこと。

 

■自己都合や定年退職、事業主からの勧奨などによる失業は対象外です。対象になるのはあくまでも整理解雇や勤務先の倒産に限られます。

 

スポンサーリンク