借換えのする際のポイントは?

借換えをする際、リットがあるかどうかの目安となるポイントは?@

借換えをする際に、メリットがあるかどうかの目安となる
ポイントには、どのようなものがあるかということですね。

 

返済の負担を減らすために、
借換えを検討する人も多いですが、
実は、借換えをしたために、却って負担が増えてしまう
というケースもあるので注意したいですね。

借換えをする際、リットがあるかどうかの目安となるポイントは?A

借換えの際には、次のような点に注意して、
トータルでのメリットを見極めるようにしたいものです。

■最終的な総返済額でどれくらい返済できるかの確認
借換え先の商品というのは、
多くが当初の一定期間の金利が優遇されている
固定金利選択方式です。

 

また、借換えには手間や経費がかかります。

 

具体的には、書類を用意するのにかかる費用や
事務手数料、抵当権設定費用などです。

 

よって、借換後の軽減総返済額がこれらの経費に
見合っているかどうかを確認することは必須です。

 

特に、経費を上乗せして借換えする際には、
きちんとシミュレーションして
次のような算式が成り立っていることを確認してください。

 

「借換後の総返済額」>「借換えせずに返済した時の同じ時期の残高」

■金利推移の予想の妥当性
借換え先の商品が変動金利型の場合には、今後何%以上になると
「借換後の総返済額」>「借換え前の総返済額」
になるのかといった、金利の損益分岐点をきちんと把握して、
自分なりに予想を立ててみることが大切です。

 

ちなみに、金融機関からの借換後のシミュレーションの金利前提が
あまりにも低い場合には、
そもそも借換えのメリットがないということになりかねません。

 

なので、現実にあった金利前提で
シミュレーションしてもらうようにしてください。

■ライフプランと返済計画との整合性
借換え先の商品が変動型の場合には、
ライフプラント返済計画との整合性も重要になります。

 

具体的には、金利変更時と子供の教育費がかさむ時期とが
重なっていないかなどです。

 

また、繰上返済と同時に借換えをした場合には、
不意の事故や支出に備えた貯蓄が残っているかということや、
代替資金の確保はできているかどうかということも重要になります。

 

スポンサーリンク