借換え時の手数料は?

借換えする時にかかる経費とは?

借換えの際には、事務手数料や保証料、
抵当権設定費用、印紙代などの
経費が新たにかかります。

 

これらはかなりの金額になることもありますので、
それを支払ってまでも借換えするメリットがあるかどうかを
事前にシミュレーションしておくことが重要になります。

借換え前の金融機関でかかる費用は?

借換え前の借入先のローンの全額繰上返済や
一括払いした保証料が、
残期間について返戻される際に
数万円程度の手数料がかかる場合があります。

借換後にかかる費用は?

次のような費用がかかります。

■登録免許税
・借換え先の金融機関の抵当権を設定する際に必要です。

 

■抵当権抹消費用
・借換え前に利用していた金融機関の抵当権を抹消するための費用です。

 

■司法書士手数料
・登記する際の手続に関して支払う司法書士への報酬です。

 

■印紙代
・金銭消費貸借契約書に貼付するもので、5,000万円以内だと2万円です。

 

■保証料
・保証会社の保証をつける際にかかるものですが、金融機関によっては無料のところもあるようです。

 

■事務手数料
・金融機関によって異なりますが、3〜5万円程度です。

借換えの際に保証料がかからない場合もあるのですか?

金融機関によっては
保証料がかからない場合があります。

 

この場合は、金利込み、自行で保証、
証券化などが考えられますが、
自行で保証している場合には当然審査が厳しくなります。

 

また、通常より保証料が高い場合もありますが、
こちらの場合は、
担保割れしているなどの理由が考えられます。

 

スポンサーリンク