借換えする際の必要書類は?

住宅ローンの借換えの際に必要になる書類は?@

住宅ローンを借換えする際には、
新規にローンを組んだ際に必要になった書類に加えて、
既ローンの償還予定表や返済記録が必要になります。

 

また、購入した際に交付された重要事項説明書や
平面図、工事請負契約書なども必要です。

住宅ローンの借換えの際に必要になる書類は?A

その他各自で用意するものとして、
固定資産税評価証明書、登記事項証明書、
公図などがあります。

サラリーマンの場合、借換えの際に必要な書類は?

サラリーマン(給与所得者)の場合の
一般的な借換えの際に必要な書類としては、
次のようなものがあります。

■一戸建ての場合に必要になる書類…( )書きは書類の入手先です。
・公図(物件所在地管轄の法務局)
・固定資産税評価証明書(物件所在地管轄の市町村役場)
・建築確認済証の平面図など
・不動産登記簿謄本(物件所在地管轄の法務局)
・案内図・住宅地図の写し
・重要事項説明書・パンフの写し
・工事請負契約書の写し
・売買契約書の写し
・ローン返済の預金通帳(紛失した場合は金融機関)
※既存のローンの延滞暦を調べるために利用されるので、金融機関によっては2年分必要なケースもあります。
・現在の借入れの償還予定表(紛失した場合は金融機関)
・印鑑証明書(原本)
・住民税決定通知書(原本)
・源泉徴収票の原本(勤務先)
・健康保険証・住民票の原本(市町村役場など)

・住宅ローン・団信申込書兼告知書(借換え先)

 

■マンションの場合に必要になる書類…( )書きは書類の入手先です。
・不動産登記簿謄本(物件所在地管轄の法務局)
・案内図・住宅地図の写し
・重要事項説明書・パンフの写し
・売買契約書の写し
・ローン返済の預金通帳(紛失した場合は金融機関)
※既存のローンの延滞暦を調べるために利用されるので、金融機関によっては2年分必要なケースもあります。
・現在の借入れの償還予定表(紛失した場合は金融機関)
・印鑑証明書(原本)
・住民税決定通知書(原本)
・源泉徴収票の原本(勤務先)
・健康保険証・住民票の原本(市町村役場など)
・住宅ローン・団信申込書兼告知書(借換え先

 

スポンサーリンク