繰上返済の仕組みは?

繰上返済の仕組みはどのようになっているのですか?@

住宅ローンでは、元利均等返済が
最もポピュラーな返済方法です。

 

しかしながら、この返済方法では、
返済期間が長期になると、はじめの頃の返済額の多くが
利息分の支払いに充てられるため
元金はなかなか減らないということになりがちです。

繰上返済の仕組みはどのようになっているのですか?A

繰上返済というのは、この通常の返済とは別に、
ある程度まとまった金額を
元金分として返済してしまう方法です。

 

なので、繰上返済すれば、その分
元金分にかかるはずであった利息分が不要になり、
トータルの返済額が軽減されるというメリットがあるのです。

繰上返済の種類と方法は?

この繰上返済には、
残りの元金分すべてを返済してしまう「繰上完済」と、
現金の一部のみを返済する「一部繰上返済」
の2種類あります。

 

また、繰上返済の方法には、
返済期間はそのままで毎回の返済額を減らす方法と、
毎回の返済額はそのままで返済期間を短縮する
「中抜き方式」という方法があります。

 

スポンサーリンク

繰上返済の手続はどのようにするのですか?

繰上返済をするには、
次のように一定の手続が必要になります。

■フラット35の場合
フラット35の場合は、繰上返済する元金分は
100万円以上必要になりますが、手数料はかかりません。

 

■公庫の場合
公庫融資の場合は、繰上返済する1か月前までに
窓口の金融機関に申し出る必要があります。

 

また、繰上返済する元金分は100万円以上かかり、
毎月の返済額を変えずに期間短縮した場合には3,150円、
その他の場合は5,250円がかかります。

 

■銀行の場合
銀行ローンの場合は、固定金利選択型と変動金利型では
手数料にかなりの違いがあります。

 

たいていの場合、変動金利型では3,150円(期間短縮)か
5,250円(その他)ですみますが、固定金利選択型では
2〜3万円程度かかりますので注意が必要です。

 

また、最近では手数料が無料のところも多く、
申し出についても1〜2週間前でOKです。

期間短縮型と返済額軽減型ではどちらの方が得なのですか?

軽減される利息の総額で比べると、
期間短縮型の方が利息軽減効果は大きいです。

 

しかしながら、これは見かけだけで、
同じローンで同じ金利なのですから
実際上の効果は同じです。

 

基本的には、返済期間が長い人は期間短縮型を選択し、
返済負担が重い人は返済額軽減型を選択するようにします。

 

スポンサーリンク