一部繰上返済の期間短縮型のメリットは?

住宅ローンの一部繰上返済とは?

住宅ローンの一部繰上返済(内入れ返済)には、
「期間短縮型(中抜き方式)」と「返済軽減型」があります。

 

「期間短縮型」というのは、毎月返済額を変えずに
元金部分の累計額を内入れ金として
返済期間を短縮する方法です。

 

また、「返済軽減型」というのは、内入れ後返済期間を
短縮せずに、毎月返済額を軽減する方法です。

「期間短縮型(中抜き方式)」のメリットはどのようなものですか?

借入当初の返済額というのは、
借入残高が多いので利息部分が多くを占めます。

 

「期間短縮型(中抜き方式)」の場合、
内入れを返済期間が短い時期に行うほど、
返済期間の短縮や利息の軽減効果が多く見られる
というメリットがあります。

 

ちなみに、公庫融資の場合は、
内入れ金額は100万円以上から、
民間融資でも一定金額以上となっているところが
多くなっています。

内入れの注意点はありますか?

内入れは、借入してから早い時期にすればするほど
メリットが得られるのですよね。

 

ですが、内入れするために生活を切りつめたり、
不足分を高金利の融資で補うといったことは
ないようにしたいものです。

 

ちなみに、内入れをするために毎月積立貯金をするよりも、
毎月返済額を増額する条件変更の方が
よりメリットを得られることもあります。

 

なので検討してみるのもよいと思われます。

 

スポンサーリンク