通常返済の返済額軽減型は?

通常返済の返済額軽減型のメリットとは?@

返済額軽減型のメリットとしては、内入れ後に、
毎回返済額の軽減が図られるので、

 

長期間、ローンの減少の実感を
得られることがあげられます。

通常返済の返済額軽減型のメリットとは?A

例えば、1,000万円のローンで年利率が3.5%、
35年の通常返済のケースを考えてみます。

 

毎月の返済額は41,329円ですが、
借入3年後におよそ100万円を内入れし、
返済期間を残存期間の32年とすると、
27年間毎月4,395円減少させることができます。

 

ただし、このケースでは
およそ100万円を内入れしているので、
実質的に得をしたのは
それを除いたおよそ67万円ということになります。

 

これは、高金利のローンの減少を図り、
毎月の返済分を減少させるので、
金利が高くて長期なほど
軽減額の総額が多くなるといえます。

 

ちなみに、返済額の軽減ではなく、同じ返済額にすると
期間短縮型になるわけですが、
どちらにしても事前にシミュレーションしてから
選択したいものです。

通常返済の返済額軽減型デのメリットとは?

通常返済の返済額軽減型のデメリットは、
まとまった内入れ額を出さないと利用できないことです。

 

また、返済期間短縮型(中抜き方式)よりも
軽減額が少ないということもあります。

 

とはいえ、まとまった余裕金を運用するのに
低金利では魅力がないというときには、
高金利の返済額に内入れすることで、
利息を稼ぐことができます。

 

スポンサーリンク