借換えできない場合とは?

借換えできない場合というのはどのような場合ですか?@

担保価値が減少していて、
借入金残高が多いと借換えできません。

 

借換えの場合は、借入金の残高を決済して、
新規借入れに際しての自宅の担保価値の
範囲内での融資になります。

借換えできない場合というのはどのような場合ですか?A

よって、借入金の残高は、金利が高ければ
借入金残高も当初多く残りますし、
返済期間が長期なほど
借入金残高が多く残ることになります。

 

特に、平成5年と平成6年のゆとり返済などの、
当初5年以内を75年返済とした計算による返済額ですとか、
ステップ返済の当初5年間以内を50年返済とした計算では、
通常の返済よりも借入金残高の減少は遅れることになります。

担保価値が上昇すれば借換えできますか?

担保価値の上昇は期待できませんので、
自己資金を捻出して
借入金残高を大きく減少させないと、
借換えは難しいと思われます。

 

といいますのも、地価の下落によって、最近の中古市場は
平成2年よりも約50%も減価していますし、

 

金融機関では、その市場価格から
査定価格※に修正したうえで、担保の掛目(80%以下)
を乗じて融資可能額を算出しますので、
借入金残高が当然上回ることになるからです。

 

※第三者が妥当と判断する価格です。

 

スポンサーリンク

諸費用についてはどうですか?

借換えは新規に実行しますので、
新たに保証料がかかりますし、
抵当権の抹消や設定の費用、融資手数料
なども必要になります。

 

よって、あまり金利差がない場合ですと、
借換えのメリットも期待できませんし、
諸費用を含めて借換えをする場合には
その効果も薄くなるといえます。

借換えの融資条件は?

借換えローンを利用するには、
融資条件をクリアしている必要がありますので
注意が必要です。

 

例えば、現在のローン返済を
延滞なく3年以上正常に返済しているですとか、
他の借入金を含めての年間返済額が
年収の30%以内であるといったものです。

 

スポンサーリンク