買換えローンとは?

低利な資金での買換えについて@

狭さを解消する目的で、
マンションから一戸建てに住み替える
といった形での買換えのケースでは、

 

すでに住宅ローンを完済していれば低利な資金を利用して、
その目的を果たすことができます。

低利な資金での買換えについてA

また、既借入金がある人でも、
その借入金残高が少ないのであれば、
その借入金の抵当権を次の購入者の手付金などで
抹消できれば買換えができるといえます。

公的資金を活用した買換えはできますか?

高金利時代に借りた公的資金の返済額を
現在の低金利に活かすには、
売却して取得する買換えの場合には、
借換えとは違って再び公的資金の活用も可能です。

 

また、高金利で借りた返済額は、
低金利を活用してより多く借りることができます。

 

スポンサーリンク

買換え専用のローンはあるのですか?

「残債返済型住宅ローン」というローンがあります。

 

これは、既借入金の残高と新たに購入する住宅資金から
抵当権抹消までの費用が、すべてセットになっている
大手不動産業者による融資制度です。

 

ただし、この融資制度の場合、
買取保証※が条件のものもありますので、
事前に不動産業者に確認するようにしてください。

 

※一定期間内に売却できないときには、査定価格の90%前後で買い取ってもらう制度のことです。

窓口は一本化した方がよいですか?

現在の低金利を活用してレベルアップを図る場合には、
既借入金を決済して新規の住宅ローンを組むだけでなく、
購入物件の売却や購入のタイミングもあるので、
窓口を一本化して対応した方がよいということになります。

 

既借入金がある場合の買換えには、
買いが先か売りが先かで方法は異なってきます。

 

ですが、一般的には、現状では
売りを先で考えて対策をたてた方がよいとされています。

 

スポンサーリンク