通常ローンと買換えローンとの違いは?

買換えローンは通常ローンとどう違うのですか?@

買換えローンの資金の使途は、
現在居住している住宅の購入資金と、
既住宅ローンの完済代金と、諸費用です。

 

このように、通常の住宅ローンよりは、
目的が絞られたローンであるといえます。

買換えローンは通常ローンとどう違うのですか?A

ちなみに、平成21年末までの
一定条件を満たした売却損については、
損益通算と繰越控除が年収の多い人には
有利なところがあります。

 

なので、それにあわせて
買換えローンを活用することもできます。

買換えローンを利用できる人についてはどうですか?

買換えローンを利用できる人については、
年収が多くないと借りることができません。

 

かつ、既住宅ローンを
延滞せずに返済している実績のもとに、
居住用部件の売却と購入が
同時であることが条件になっています。

 

この点、不動産業務を取扱える信託銀行であれば、
その機能を通じて住宅の売却・購入が
窓口の一本化で可能ですから相談しやすいといえます。

買換えローンの融資金額についてはどうですか?

融資金額については、購入物件の担保評価額の
2倍を限度に年収に対する返済負担額は、
20%となっておりかなり厳しいです。

 

通常の住宅ローンですと、
取得する住宅の担保評価額の範囲内として
融資額は少ないですが、年収に対する返済負担率は
最高35%と借りやすくなっています。

 

なので、買換えローンは年収の少ない人には
利用しにくいといえるかもしれません。

 

スポンサーリンク