豆板とは?

豆板とは?@

豆板というのは、コンクリートの欠陥の一種のことで、
別名「ジャンカ」、「あばた」、「す」などと呼ばれます。

 

具体的には、次のような理由により、
モルタルと粗骨材が分離し、
粗骨材の周りにモルタルが行きわたらず
豆板状※になることをいいます。

豆板とは?A

■コンクリートの単位水量不足。

 

■単位粗骨材粒・粗骨材(原則として、砕石等で直径が5mm以上のものをいいます)の最大寸法の大きすぎ。

 

■コンクリートの打ち込みの際に、十分突き固めを行わなかったこと。

 

■型枠工事の不良...など

 

※いり豆を砂糖で平たい板のように固めた菓子のように、表面に凹凸や透かしができることをいいます。

豆板部分の特徴は?

豆板部分は、モルタルが十分に行き渡っていないので、
十分な強度が出ません。

 

また、密実でないので、空気や水分の浸入もあり、
鉄筋の防錆力も低下します。

 

スポンサーリンク