未成年者とは?

未成年者とは?

未成年者というのは、
満20年の成年に達しない者のことをいいます。

 

ただし、未成年者でも、
結婚すると成年に達したものとされます。

未成年者の行為能力は?

未成年者は、制限能力者とされますので、
法定代理人(親権者等)の同意がないと、
契約等の法律行為をすることができません。

 

ただし、次のものについては同意を要しません。

■単に権利を得もしくは義務を免れる行為
■法定代理人から目的を定めて処分を許された財産の処分
■許可された営業

未成年者が同意を得ないでした行為は?

未成年者は、制限能力者とされ、
法定代理人(親権者等)の同意がなければ、
契約等の法律行為を行うことはできません。

 

その未成年者が、
法定代理人の同意が必要であるにもかかわらず、
それを得ないでした法律行為については、
後に本人や法定代理人が取り消すことができます。

未成年者の制約は?

未成年者は選挙権がないなど公法上や、
私法上の資格の制約も受けます。

 

スポンサーリンク